健康

【緊急】コロナウイルス感染を確かめるにはパルスオキシメーターが簡単?

なおみ
コロナウイルスが猛威を奮っています。
今回はコロナウイルスの感染を簡単に確認できるパルスオキシメーターを紹介します!

パルスオキシメーター

パルスオキシメーターって何?どんなもの?

なおみ
そもそもパルスオキシメーターって何でしょうか?どんなものなのでしょうか?

パルスオキシメーターは、皮膚を通して動脈血酸素飽和度(SpO2)と脈拍数を測定するためのものです。

赤い光の出る装置(プローブ)を指にはさむんで計測できる手軽なものです。

仕組みとしては、こうです。

人間の肺から取り込まれた酸素は、赤血球に含まれるヘモグロビンと結合して全身に運ばれていきます。

それは当然、指先にも運ばれてきますので、指先の酸素飽和度(SpO2)がわかれば、心臓から全身に運ばれる血液(動脈血)の中を流れている赤血球に含まれるヘモグロビンがどのくらい酸素に結合しているかがわかります。

つまり指先につけたパルスオキシメーターのプローブ(受光部センサー)から、拍動する動脈の血流を検知して、その光の吸収値からSpO2を計算してくれるのです。

パルスオキシメーターの使用方法

パルスオキシメーターの使い方はとっても簡単です。

指にプローブを挟んで計測するだけです。

それだけで酸素飽和度(SpO2)を計測することができるのです。

酸素飽和度が95%以下ならコロナウイルスを疑ってみる必要あり

パルスオキシメーターで酸素飽和度(SpO2)を計測できますが、その数値は肺や心臓の病気によって酸素を体内に取り込む力が落ちると、当然パーセンテージが下がってきます。

睡眠時無呼吸症候群の簡易診断にも利用されたりしますが、コロナウイルスは肺炎を引き起こすことが多い感染症なので、この酸素飽和度の数値を基準にすると簡単な感染の判別ができます。

酸素飽和度は、一般的に96~99%が標準値となっています。

これが90%以下になると、十分な酸素を全身の臓器に送れなくなっている状態の可能性があります。呼吸不全という状態です。

もともと心臓や肺に持病がある場合は別ですが、いままで何もなかったのに、パルスオキシメーターで計測したら酸素飽和度が90%以下だったら、コロナウイルスの感染を疑ってみたほうがいいでしょう。

ちなみに、基準としては酸素飽和度が90%以下は重篤な可能性、95%以下でも疑った方がいいとされています。

酸素飽和度が95%以上であれば問題ないレベルだと言われています。

こんな方におすすめ

  • コロナウイルスの感染を確認したい人
  • コロナウイルスかも?と思い当たる人
  • とにかく心配な人

 

気軽な価格ならパルスオキシメーターは購入しちゃいましょう!

パルスオキシメーターは比較的安くて、どこでも購入可能です。

これ一つで、コロナウイルス感染の可能性を確かめられるなら、買っておいても損はないかと思います。
2週間程度で終息するという話もありますが、長引く可能性がないわけではないですし、安心を買うと思えば安いものです。

ただし、酸素飽和度の測定値は、人の状態や持病によっても異なるので、最終的な判断は主治医や医療専門の指導を仰いだ方がいいのは間違いありません。

まずはパルスオキシメーターでチェックしてみて、コロナウイルスの感染の可能性があるなら受診というのがいいでしょうね。

パルスオキシメーターは、Amazonや楽天市場、ヤフーショッピングでも購入可能です。

値段は6,000円程度から購入可能です。

 

コロナウイルスの感染を簡単に確認できるパルスオキシメーター、いかがでしたか?

不測の事態が発生しているので、可能性のある限りはしっかり予防と対策の準備をしておきましょう!

たった6000円程度でコロナウイルスの感染を確認できるなら、決して高くないですよね。

早期の発見なら対策もいろいろできますしね!

© 2020 お得・便利・美味しい快適健康生活