税金のクレジットカード払いが可能に! ネットで納税してポイントもゲット

スポンサーリンク

税金のクレジットカード払いが2017年1月から可能になりました。対象となるのは、相続税や贈与税、自動車重量税、所得税、源泉徴収税などです。クレカでの支払いでポイントも貯まってお得ですが、手数料に注意が必要です!

クレジットカード払いで納税が可能に

税金のクレジットカード払いが2017年から可能になりました。
クレジットカードで納税できるのはとても便利ですね!

国税庁のホームページに詳しい情報が記載されています。

▼税金のクレジットカード支払いに関しての国税庁のホームページ

クレジットカードで納付が可能な税目は下記になります。

クレジットカードで納付が可能な税目

・申告所得税及び復興特別所得税
・消費税及び地方消費税
・法人税(連結納税を含む)
・地方法人税(連結納税を含む)
・相続税
・贈与税
・源泉所得税及び復興特別所得税(告知分のみ)
・源泉所得税(告知分のみ)
・申告所得税
・復興特別法人税(連結納税を含む)
・消費税
・酒税
・たばこ税
・たばこ税及びたばこ特別税
・石油税
・石油石炭税
・電源開発促進税
・揮発油税及び地方道路税
・揮発油税及び地方揮発油税
・石油ガス税
・航空機燃料税
・登録免許税(告知分のみ)
・自動車重量税(告知分のみ)
・印紙税

自動車重量税もクレジットカードでの納税が可能なのは助かりますね。

まだ始まったばかりなので、わからないことも多いですね。そんな時のために、Q&A形式で詳細を確認できます。

支払いは、国税クレジットカードお支払サイトにて行うとのことです。

「国税クレジットカードお支払サイト」とは、国税庁及びトヨタファイナンス株式会社間における契約の下で運用する国税のクレジットカードによる納付を行うための専用サイトです。

ちなみに、今回、このサイトにて税金をクレジットカードで支払っても、次回も同様の手続きが必要です。

あくまでもクレジットカード納付は継続的な手続ではないとのことで、都度納付手続を行う必要があります。

税金のクレジットカード払いは手数料に注意

税金のクレジットカード払いには、納税額に応じた手数料がかかります。

納税額が1万円までは76円(消費税別)が手数料としてかかり、以後1万円を超えるごとに76円(消費税別)が加算されていきます。

クレジットカード納税の手数料詳細

消費税込みだと82円です。下記のようになります。

納税額 手数料(税込)
10,000円 82円
20,000円 164円
30,000円 246円
40,000円 328円
50,000円 410円

50,000円以上も、1万円ごとに82円の手数料が加算されていきます。

今まで通り現金で支払う場合は手数料がかかりません。それはそれでありですが、クレジットカードの還元率が高いものなら、プラスになる可能性があります。

お持ちのクレジットカードの還元率を調べてみて、1%以上ならやってみる価値はあります。

高還元率のクレジットカード一覧はこちら

クレジットカード納税でポイントをゲット! 1%以上の還元率が鍵?

1万円に対して82円なので、0.82%が手数料としてかかりますので、これよりも還元率が高いクレジットカードなら、お得で便利です。

還元率とは、クレジットカードを利用した際に、金額に対してどの程度のポイントが付与されるかを示す数字で、1万円を利用した際に何ポイント(現金換算)が付与されるかのパーセンテージです。
例えば1万円で100円のポイントが付くと、1%の還元率になります。
100円で1ポイントが付与されれば1%です。

今回の納税の場合は、0.82%が手数料なので、例えば1%の還元率のクレジットカードで税金を支払うと、その差額分の0.18%がプラスという計算になります。

大抵のカードは還元率1%のものが多いですが、JCBが発行しているリクルートカードは1.2%なので、もし今回の納税をクレジットカード払いすると、0.38%がプラスになります。

例)3万円の税金をリクルートカードでクレジットカード払いした場合

手数料:246円
クレジットカードの還元ポイント:360pt
差額:114pt(円)

また、航空系のカードなら利用額によってマイルが貯まるものもあるので、それも良いかもしれませんね。

ちなみにクレジットカードではないですが、Tポイントは200円で1ポイントなので、0.5%の還元率です。

高還元率のクレジットカード一覧はこちら

コンビニでは税金のクレジットカード支払いはできないので注意!

今回の税金クレジットカード払いに関しては、金融機関やコンビニ、税務署の窓口にてクレジットカードを使って支払うことはできません。

なので事実上、nanacoで支払うことは無理のようです。

クレジットカードによる納付は、「国税クレジットカードお支払サイト」を通じてインターネットを利用した納付のみで、パソコンやスマートフォンなどから手続きする必要があります。

どうせならコンビニ払いでクレカ利用ができるのが理想ですが、きっと手数料などの計算をその場でする必要が出てくるので、難しいのかもしれませんね。

国税のクレジットカード支払い、便利でちょっとお得ですね!
わざわざこのためにクレジットカードを作る必要はないですが、お手持ちのクレカの還元率を調べてみて、1%以上ならクレカ払いがおすすめです!

高還元率のクレジットカード一覧はこちら

こちらもどうぞ!

ゴルフクラブ・ゴルフグッズ情報サイト

桑田泉プロのクォーター理論にあやかってゴルフは「手打ち足の裏」でドローが基本!スライスしないスイング作り!

編集者の経験談・情報サイト

Webメディア、雑誌、ムック、フリーペーパー、DMなどあらゆる制作物の編集のコツや経験談を綴っています。